太陽光は快適な睡眠と関係がとても深いです。太古の昔から私たちは日が昇れば活動し、日が沈めば休息します。この一連の生活リズムが体のDNAに染みこんでいるのです。ですから、本来なら日中は起きて、夜間は寝るという生活がごく自然なリズムなのです。

しかし、現代は電気があり24時間明るい環境です。しかも仕事で夜勤を勤めるなど、昼夜逆転している人も少なくありません。その結果、自律神経が乱れ、不眠症で悩む人も多いといいます。そんな悩みを実は、太陽光が解決してくれます。

太陽光を浴びると2つの効果が期待されます。

1,セロトニン分泌で心も体もリフレッシュ
2,ビタミンDの生成で疲労回復する

以下、具体的に説明します。

1,セロトニンで心も体もリフレッシュ

太陽の光を浴びるとセロトニンというホルモンが生成されます。このセロトニンは別名覚醒ホルモンと呼ばれ、心と体を覚醒させる効果があり、気分もすっきりとさせる働きがありまます。

しかし、セロトニンが不足するとイライラや集中力の低下、不眠を招き、うつ病の原因にもなります。朝起きて、体調が悪く倦怠感を感じるというなら、セロトニンが不足している可能性があります。セロトニンが不足しているなら、朝日を15分間浴びるといいでしょう。このちょっとした時間がイライラや集中力の低下を防ぎます。

2,ビタミンDの生成で疲労回復する

太陽の光はビタミンDの生成にも役立ちます。ビタミンDは健康な歯や骨をつくり、疲労回復効果がある大切な成分です。また老化を防ぐアンチエンジングのビタミンとも呼ばれています。最近では、ガンや成人病の予防も効果があるそうです。

この万能ビタミンDは、実は食事からは補うことが難しいです。ビタミンDを生成するには太陽の光が必要なのです。太陽の光を浴びることで必要量の半分のビタミンDを生成することができます。普段から上手に太陽にあたり、ことを心がけましょう。

太陽光にあたる時の注意!

太陽の光がいくら体にいいと言っても、長時間のあびることは禁物です。

ご存知の通り太陽の光には紫外線が含まれており、長時間のあびることにより、肌の火ぶくれや、しみ、シワ、ソバカスの原因、さらには皮膚ガンを発症するといわれています。太陽の光は、少ない時間、浴びることを行いましょう。

SPONSORED LINK