目覚ましが鳴っても何度も止めてしまう、そんな事ありませんか?また何時間寝ても寝足りない……そう感じていませんか?

もしも、朝スッキリと目覚めることができたら、どれだけ快適な一日を過ごせることでしょうか。そんな理想の朝を迎えるために、また快適に目が覚めるために、今回の記事では、スッキリ目覚めるためのコツを教えていきます。

スッキリ目覚める為の3つの条件

朝、スッキリと目覚めるためには以下の3つの条件があります。これらの条件を満たせば眠りの質が良くなり、例え睡眠時間が短くても深い眠りが可能です。その結果、目覚めもスッキリとした快適な朝を迎えることができます。では、スッキリと目覚めるための3つの条件を以下から説明してきます。

1,眠る環境

眠る環境は脳の休養と関係してます。これができないとグッスリと眠ることができません。例えば、明かりをつけたまま寝る場合や音楽などを聴いたまま寝るなどは脳が休まることはありません。その為、寝起きで疲労感を感じ、朝の目覚めにも影響がでてきます。眠る環境ではできるだけ、脳が疲れないような環境を整えるのが望ましいです。

2,寝具の相性

睡眠中は寝返りを打ったり、汗をかいたりします。これらは身体にとって大切な生理的現象です。寝具は、これらの生理的現象の変化をできるだけさまたげないようなものを選ぶことが重要です。極端に硬い寝具や柔らかすぎる寝具は骨の歪みにも影響がでるのでじっくりと選ぶといいでしょう。

3,身体の状態

眠り前はリラックスして眠れるように、あまり激しい運動や食べ過ぎ、飲み過ぎは避けるようにしましょう。リラックスしながら就寝につくことは寝起きに影響がでるので、リラックスした状態で床につきましょう。例えば、アロマの香りをかいだりるのもよい方法です。

以上が、朝、スッキリと目覚めるための条件です。快適な朝を迎えるためには、目覚める方法のまえに快適な睡眠の条件が必須というわけです。これらの3つの条件を満たすだけでも、かなり目覚めが良くなると思いますので実践してください。

朝、目が覚める5つの方法

ここからは、朝スッキリと目覚がめるための5つの方法を教えます。この方法は僕も実践していますし、寝起きが悪い人でもこの5つの方法のうち1つか2つを使えば、完全に目覚めることが可能です。

1,眠りが浅くなるときに起床する

睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があります。「ノンレム睡眠」とは深い眠りのことで、「レム睡眠」とは浅い眠りのことを言います。この2つの睡眠は、一晩のうちに約90分を1セットのサイクルとして、4~5回繰り返されています。

このサイクルの中で、起きるタイミングに適しているのが、「浅い眠り(レム睡眠)のとき」と言われています。つまり、1セット約90分のサイクルで繰り返される眠りの、2倍(3時間)、3倍(4時間半)……などを目安に考えるとよいでしょう。寝る時間から数えて、レム睡眠時に起きるように目覚ましをセットすると効果的です。

2,音楽で目覚める

目覚ましと一緒にセットしたいのが、音楽です。音楽は脳に心地良い刺激を与え、自然な形の目覚めへと導いてくれます。ここで使う音楽は自分の好きな音楽で、しかもアップテンポな音楽なら尚良いです。セットする時のコツとして、起きる時刻より少し前に音楽を流すようにタイマーをセットするのが良いです。

3,光で目覚める

光は体内のリズム調整に絶大な効果を発揮しますので、一瞬で目が覚めることがあります。身近にできる方法としては、カーテンを開けて朝の太陽を浴びるのが一番のお勧めです。

4,シャワーで目覚める

どうしても眠気がとれないというときには、熱めのシャワーを浴びるのも効果的です。この方法を行うと交感神経が働き、血液の循環を盛んにし、脳や体を活動的にします。

5,寝起きを同じリズムにする

人は習慣の生き物です。一度、習慣化したら嫌でもその習慣を繰り返し行おうとします。これは睡眠も目覚めも同じです。決まった時間に眠り、決まった時間に目覚めるということを繰り返せば、それが習慣となり目覚めも快適になります。

以上が目覚がめるための5つの方法です。これらの5つの方法のうち、自分で取り入れやすい又は実践しやすいものをピックアップして試して頂ければ幸いです。

まとめ 〜 目が覚める5つの方法

  1. 眠りが浅くなるときに起床する
  2. 音楽で目覚める
  3. 光で目覚める
  4. シャワーで目覚める
  5. 寝起きを同じリズムにする
SPONSORED LINK