寝れないで焦る人は多いです。しかし、焦っても仕方ありません。寝れないときには、以下の2つしか方法がないですから。

1,寝るための行動をいろいろ試す
2,あえて寝ないで他のことをする

まず、1つめの「寝るための行動をいろいろ試す」とは、身体や心のリラックスすることです。リラックスできれば自ずと眠気がおき、寝れるようになります。リラックスは脳内ホルモンである「セロトニン」を分泌させ、気持ちよくする効果があります。結果、寝れるようになるわけです。

身体と心をリラックスする方法はこちら「「眠れない」を解決する5つの方法」で詳しく書いていますので一度ご確認してください。

2つめの「あえて寝ないで行動する」とは、無理に寝ないで他の行動をするということです。例えば、今まで放っておいた物事をやってみるとか、脳をつかったことをやってみるとかです。

無理に寝ようとすれば逆に緊張して寝れない場合があります。なので、無理に寝ようとせずに身体を動かしたり、本を読んだりしてみるといいでしょう。身体や脳が疲れてくれば自ずと眠くなるはずですので。詳しくは「眠れない夜にやっておきたい5つのこと」でご確認ください。

今回の記事は以上です。

寝れないときは、がんばって寝ようとするか、寝ないで他のことをするかの2つしかありません。どちらが良い方法かは人それぞれですので、ご自分にあった方法をさがしてみましょう。

では、また。

SPONSORED LINK