明日は仕事だから、または用事があるからという理由で、どうしても寝なきゃいけないって時があると思います。そんな日に限って寝れないこともあるでしょう。気持ちも余計に焦ってしまい、なかなか寝付くこともできません。

しかし、自然と眠りにつける方法というのが3つあります。題して、無理やり寝る方法です。それは以下の通り。

1,就寝30分前に食事をする
2,就寝前にエッチをする
3,寝床で本を読む

これらを1つでも実行すれば眠気に誘われます。以下から詳しく解説していきますので、良かったら試してみてください。

1,就寝30分前に食事をする

食事をした後は、眠くなるという経験が誰にでもあると思います。これは食べものの消化の為に胃に血液があつまり、脳の血液が少なくなるから眠くなるようです。この現象は、昼時だけじゃなく夜でも同じ効果が得られます。眠れない時、食事をすれば誰でも、そしていつでも簡単に眠くなるので、この生理的な現象を使わない手はないでしょう。お薦めです。

2,就寝前にエッチをする

恋人同士のエッチは眠気を誘うのに一役買ってくれます。ただ1つ注意点としては、時間をかけてゆっくりと気持ちいいエッチをすることです。短時間ですぐに終わるようなエッチでは、眠気はなかなか誘えません。なので、身体が疲れるというくらいのエッチが必要です。

3,寝床で本を読む

眠れない場合、本を読むのも効果的です。眠る為の本は以下の2つのポイントを抑えておくといいでしょう。

  • 小さな字の本を選ぶ
  • 哲学書や聖書など、難解な本を読む

ビジネスホテルでは、聖書が各部屋に1つは置いているはずです。その理由は何を隠そう眠気を誘うためです。ホテルのベッドではなかなか寝付けない方の為に、聖書を読んでもらい眠って貰おうというのが狙いです。

人は頭を使うような難解な本を読めば、脳が疲れて眠くなります。また、小さい字であればあるほど目が疲れ、さらに脳が疲れて眠くなるのです。眠る為の本選びは小さい字で難解な本にしましょう。

以上が無理やり眠る3つの方法です。

何とも簡単な方法ですが、これらは人間が本来持っている生理現象を利用した眠る方法です。なので、簡単でリスクもありません。もしも、夜寝付けない場合胃は、これら3つを試してみるといいでしょう。

では、また。

SPONSORED LINK