睡眠は大事です。睡眠がちゃんとできなければ仕事もできないし、充実した生活も送れません。睡眠は健康的にもメンタル的にも大切な行いなのです。しかし、現代は電気が常についている状態で24時間明るい環境です。また夜勤という仕事をしている人もいますので、十分な睡眠ができていない人も多いようです。

そんな方のために『グッスリ眠るためにすべき3つの方法』を紹介したいと思います。その方法とは以下の3つです。

1,自律神経を整える

睡眠と自律神経には深い関係があります。自律神経は普段の生活で自分をコントロールする機能です。例えば、心臓を動かしたり、呼吸をしたりなど、意識しなくても動く機能を自律神経が司っています。また、体温の調整も自律神経で行っています。他には、日が昇り明るくなると目が覚め、夜は眠くなるというごく自然なリズムも自律神経が行っています。

しかし、この自律神経は時にリズムが狂うことがあります。それは、夜更かしのような不規則な生活がつづくきです。このリズムが狂うと体調の変化や倦怠感、不眠などが誘発されてしまいます。夜、眠れない場合のほとんどは、この自律神経の乱れが主な原因です。なので、自律神経は整えるように心がけましょう。

自律神経を整える効果的な方法は、規則正しい生活リズムをすることです。人間は、太古から朝は起き、夜は寝るという生活をしています。その生活リズムが現在もDNAに組み込まれていますので、規則正しい生活をしなければ自律神経が乱れてしまうのです。

朝はたいたい5時から7時くらいに起きれば十分です。夜は10時から12時までに就寝につけばいいですね。基本、5時間〜8時間の睡眠をとる習慣をつけておきましょう。

しかし、最近は夜勤という仕事もありますので、それに合わせるために昼夜逆転する生活をしている人も少なくありません。その場合は以下の『脳内分泌を活用する』をしましょう。

2,脳内分泌を活用する

眠れない原因の1つに脳内分泌のセロトニン不足が考えられます。セロトニンとは睡眠を誘発する脳内分泌(ホルモン)の1種です。もしも、夜勤などで規則正しい生活リズムがとれない人は、この脳内分泌であるセロトニンを分泌することを覚えましょう。

セロトニンを分泌する方法はとても簡単です。それは太陽にただあたるだけです。ポイントとしては、肘と膝を露出させ直接太陽にあてます。肘と膝には太陽の光を探知する機能があります。ここに太陽の光をあてると自律神経が働き脳内分泌セロトニンが分泌されます。光にあてる時間はわずか15程度でOKです。

夜勤などがあるような不規則な仕事で夜眠れない場合は、朝の日の光を浴びるよう心がけましょう。このちょっとした事だけで、眠れるようになりますからお薦めです。

3,メンタルの不安を解消する

メンタルは体の外にも影響します。例えば、何か不安があったり、心配事があるとおちおち寝ていられません。どんなに体が疲れていても、メンタルに不安があれば眠れない日々が続きます。

もし、眠れない原因がメンタルの不安にあるなら、上記の「1,自律神経を整える」と「2,脳内分泌を活用」ではなく、真っ先にそのメンタルな不安から解消しましょう。でないと、何をやってもダメですから。例え、入眠剤や睡眠剤を飲んで一時の睡眠ができたとしても、根本的なメンタルの不安を解消しない限り、ちゃんとした睡眠はできません。なので、メンタルの不安を解消するよう心がけましょう。

メンタルの不安を解消する方法はいろいろありますが、中でも効果のある方法を3つ選びました。それは以下の3つです。

  1. 時間が経てば解決すると考える
  2. 日々を忙しくして忘れる
  3. 誰かに相談する

それぞれ説明します。

まず1つめの『時間が経てば解決すると考える』とは、大抵の物事は時間が経てば解決できます。恋愛の悩みも人間関係の悩みも時間で解決できます。仕事で失敗した出来事や恥をかいたことなども同様です。何かしらの不安があっても、時間がたてば必ず解決できるのです。

次に『日々を忙しくして忘れる』とは、日々の生活を忙しくして考えないようにするということです。これは1つめで示した方法が難しい場合に用いる方法です。人は忘れる生き物です。どんなに脳が優秀でも物事は忘れるようにできています。特に忙しくしている時は、忘れる傾向にあるようです。なので、忘れたいことがあるなら日々の自分自身を忙しくするといいでしょう。

3つめの『誰かに相談する』は文字通りの方法です。物事の不安や悩みは、誰かに相談するのはとても効果的なことです。が、ここで注意するべきことは相談者にアドバイスを求めるのではなく、ただ話すということだけにするということ。なぜなら、相談者のアドバイスは的確でない場合も多いですし、相談者に依存してしまうこともあるからです。悩みや不安を話すのは良いですが、本来なら他人に依存せず自らで解決するのが望ましいので、ここではただ話しだけにとどめましょう。因みに、話す事はストレス発散にもなりますのでお薦めです。

仮に、話す相手が以内場合や、どうしても話せない内容だとしたら、その時はインターネットで相談すると良いかもしれません。今はYahoo!知恵袋など、大多数の人に向けて匿名で相談できるので便利です。

以上が『グッスリ眠るためにするべき3つの方法』です。眠る行為は人間にとってなくてはならない生活リズムです。なので、夜グッスリ眠るためには眠るための必要なケアを実践していきましょう。そのエアが上で示した3つの方法です。

1,自律神経を整える
2,脳内分泌を活用
3,メンタルの不安を解消する

では、また。

SPONSORED LINK